-> 洋服タンスのリメイク – 燕市分水 卯八家具店

洋服タンスのリメイク

~鏡だけでも救ってください~

お客様から、何年も使用していない洋服タンスの

「鏡だけでも使用できないか?」

と、お問い合わせをいただきました。

お客様とお話をしていくと・・・

蔵堂大火と第二室戸台風で被害を潜り抜けてきたタンスのようです。

タンスとしては使用できなくても、このお家の「守り神」的な存在という事で、ご希望に添える物をリメイクしたくなりました。

~水を浴びて傷んでしまったタンス~

大火の時の消火の水と台風で屋根が飛ばされて雨水を浴びてしまったようですが、鏡自体は傷もほとんど見えません。

更にじっくり観察すると、扉の引手や彫り模様など、手をかけられている品物と分かります。

お客様からお話を伺い、木工屋さんと相談しながら・・・

「既存の部品をそのまま利用してスタンドミラーに仕上げよう」

となりました。

~リメイクされたスタンドミラー~

鏡だけでなく、右側の扉も利用して・・・

さらにタンスの脇板のフレームを脚にしたスタンドミラーが完成いたしました。

特徴的な引手も、ネクタイやカバンなども掛けられるようになっております。

そして鏡を開くと、特徴的な扉の飾り彫りも見る事ができます。

本体と脚をつなぐ丁番以外の部品も金具も全てタンスから移植しました。

・・・つまりは、丁番以外はすべてタンスの部品を使用してリメイクさせていただきました。

タンスとして、この家の歴史を見守ってきたタンス・・・

今度はスタンドミラーとして、新たにこの家と歴史を刻んでいっていただけたら、うれしく思います。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません