-> 電動リクライニングベッドの必要性 – 燕市分水 卯八家具店

電動リクライニングベッドの必要性

電動リクライニングベッド2006年4月の改正介護保険がスタートして、要介護1以下の軽度の介護認定者の特殊寝台を一定の例外を除き原則給付の対象外となり、2015年の介護保険改正で状況も変わりました。

 

介護認定厳格化の流れ

老齢人口および介護認定者は増加の一途であるが基本的に介護保険レンタルベッドの貸与を受ける事ができない「要介護1以下の割合」が毎年1%前後増加中。

 

特別養護老人ホームの入居制限

2015年介護保険改正により特別養護老人ホームの入居は原則「要介護3以上」に規制

 

一定以上所得者の利用負担の見直し

2015年介護保険改正により「一定以上の所得がある介護保険利用者」の自己負担を現行の1割負担から2割負担に引き上げ

※単身者280万円以上、夫婦359万円以上が対象となり、2割負担対象者は認定者の約20%と試算

 

・・・したがってリクライニングベッドのレンタルが難しい、在宅介護もしくは自宅生活者人口が増える事により・・・

私用電動リクライニングベッドが必要とされています!

コメントを残す

メールアドレスは公開されません